tabing 世界一周

旅好きな夫婦が世界一周してきます。旅好きな人たちが集まるサイトです。

大山登山写真後編『頂上でのご来光』

tabing.hatenablog.com では、頂上避難小屋にて一泊し、早朝4時からの写真です。 剣ヶ峰が赤く照らされている。 早朝4時にもかかわらず、ご来光目当てに登ってくる登山者がかなりいた。 避難小屋泊は金曜夜には5名程度であった。 この酷暑の中なので、深夜登…

大山登山写真前編『夏山登山コース~夕暮れの大山』

前回記事で書いたとおり、この猛暑の中、中国地方が誇る秀峰『大山』に行ってまいりました。 今回も中国山地を縄張りにしているセミプロ写真家である幼馴染と一緒の登山と相成ります。 酷暑の中の夏山登山道 夕暮れの大山 装備について 酷暑の中の夏山登山道…

「GARMIN fenix5」を登山で使ってみたのでデータ解析してみる

tabing.hatenablog.com 久しぶりに清水寺の舞台からムーンサルトプレスを決めて買った『GARMIN fenix5』を、大山登山で使ってみたので、ランニングも混ぜてレビューしてみる。 GARMIN fenix5外観 Garmin Connectとの連携がすごい fenix5で登山記録を振り返る…

登山にもランニングにも使えるGPSウォッチの選び方

三十路を過ぎ、久しぶりに友人と登山に向かったところ、開始20分でダースベイダーのような呼吸をしてしまうくらいの疲労に見舞われた僕です。 これではいかんとランニングを始めたところ、タイムは女子中学生くらいではあるが、非常に快活に生活できるように…

中国山地の登山

登山を趣味とする者にとって憧れの地といえば、日本アルプスであることは言うまでもない。なんと言っても森林限界を超えた岩稜の連なりの圧倒的なスケールは、一度体感すると病みつきになってしまう。 3000m近くの稜線上を縦走し、テントや小屋に泊まりなが…

中国山地の秘境風景

中国山地の奥深くは、急峻な滝と特濃の森に覆われ、まさに大自然である。 アクセスは日本トップクラスの悪さであるが、その分人の手が入っておらず、なかなか渋い写真が撮れる。 ど根性杉。中国山地は花崗岩のイメージが強いが、変成岩も多く、たまにゴロッ…

中国山地のブナ林②モノクローム

ブナ林はモノクロームも栄えます! 新緑の季節は特にモノクロ好きと相性が良いかと。 逞しき黒潰れ! 笹の照りの妙 木々の間から差し込む光、ブナの極相林は明るい。 非インスタばえ 無骨なるかなモノクローム 猛烈な自然にて荒れる写真 禍々しいモノクロー…

中国山地のブナ林①

中国山地はブナの森。 日本アルプスなどには全く勝てっこない中国山地ですが、ブナの原生林に近い自然が残っている数少ない地域であります。 中国山地については別記事に書くとして、今回は中国山地のブナ林の写真をアップしてみます。 ブナ林は比較的明るく…

東京古本屋巡り~神保町から模索舎まで~

花の都・大東京、メガシティ東京、TOKYO・・・ ド田舎者の僕がそんな東京に何をしにいくか・・・それは古本屋巡りである。 趣味が読書→本集めになってしまったブックハンターの僕にとって、世界一の古本屋街「神保町」を率いる東京とは、まさに古本屋のメッ…

東京50mm③

ここはソ連?いや、東京です。50mm単焦点レンズで東京を撮ってまいりましたが、今回が最後です。 サラリーマンが24時間そこら中にいる。 世界中の都会がそうだが、何故か皆やたら疲れており、やたらキレたら何するかわからないオーラがある。 フランス人の友…

東京50mm②「新国立美術館」

都会的なデザインでお馴染み「新国立美術館」 我が田舎の窓ガラスとコンクリートを全部集めてもこんなものは作れまいし、何とも維持費が掛かりそうな御姿こそ、東京の象徴にふさわしい。 東京ミッドタウンから乃木坂駅方面へ歩き、 高級車まみれの道路を渡り…

東京50mm①「東京ミッドタウンの中の不自然な自然」

久しぶりの旅行、久しぶりの東京。 そしてそんな東京に50mmの単焦点レンズだけで向かった。 結論から言うと、東京は50mmじゃ収まりきらない。 今回は東京ミッドタウン周辺の写真と共に東京雑感シリーズ。 夜行バスから寝ぼけ眼で降りて、トボトボと新宿駅の…

ネット通販で買える美味しくてコスパ良すぎなオススメ『コーヒー豆』

酒も煙草もやらない僕の嗜好品は、コーヒーである。 「コーヒーってなんて苦くて不味いのに何故に飲むのだ?」と23歳まで思っていたのだが、今は立派なコーヒージャンキーであるのがまた人生の面白いところ。 コーヒーを淹れるための器具は、 ・自宅カフェ化…

晩秋九重山写真②~秋と冬の境目を撮る~

tabing.hatenablog.com 前回に引き続き、晩秋の九州は九重山。 終わりかけというか終わる寸前の紅葉を撮りまして、これなら我がレンズの歪みもこれまた一興かなと。 法華院温泉山荘テン場、-3℃の澄み切った朝、凍傷になったか感覚のない足、曇るレンズ、と…

晩秋九重山写真①

11月中旬の九州最高峰「九重山」に、フルサイズ一眼レフであるD750を担いでいってきた。 主峰である中岳を始め、久住山や星生山などなどを巡る欲張りプラン。 巨大なカメラを背負いながらの苦行の山行ではあったが、とにかく久しぶりの本格登山ということで…

テント泊登山装備の選び方とレビュー~初心者おすすめ装備解説付き~

世界一周旅行を終え3年が経ち、子供が産まれたりなんかで気づけば山から遠ざかっていた。だが、パタゴニアやヒマラヤの山を駆け巡った(ほぼトレッキング)僕の『登山熱』がさすがに我慢の限界を超えた! ということで、友人と久しぶりにテントで2泊3日の登山…

登山で最高のコーヒーを飲むためのオススメ『アウトドアコーヒー道具セット』

登山とコーヒーはこれ以上ない組み合わせ。 少々荷物が増えても、絶景を眺めながら山の上で飲む淹れたてコーヒーの味は格別! ということで、近所の山から北アルプスは劔に槍に水晶岳、白峰三山やトムラウシ山、気づけばエベレスト(の手前)やパタゴニアまで…

世界一周旅行に必要な英語レベルとは?

久しぶりに旅ハック的な記事を書いてみよう。 「世界一周旅行しました」というと、3番目くらいに聞かれるのが、「会話はどうするの?」でした。 たしかにコミュニケーション無くしては旅行はできません。 今回は世界一周旅行と言葉について、必要なレベルか…

安佐動物園写真④

安佐動物園といえば、レッサーパンダ。 以前、茶の間を沸かした二足歩行型レッサーパンダの風太くんのお爺ちゃんがいたことでも有名。 でもすっごい奥にいるので、そこに向かうまでが大変な苦行なのも名物である。 すげえかわいい。 あの尻尾を軽く握りたい…

安佐動物園写真③

地上最強のスプリンターのチーターさんだが、ここではその才能を圧倒的に殺している。 しなやかで華奢だが、体育館とかでは絶対会いたくない。 ニシキヘビ。半ば液体のようだ。 獏、寝ている。夢を食うらしいが、自分の夢はきっと不味いに違いない。 獏、動…

安佐動物園写真②「象」

安佐動物園写真シリーズの②回目の主役は象さんだ。 象はとにかく画になる。さらにモノクロならば、圧倒的な巨体とそこに刻まれる皺により、一層映えるのだ。 ちなみに象といえば、ハンニバルか孟獲を思い出す。 象が見えた時のワクワク感は異常。 でかい! …

安佐動物園写真①

ひっさしぶりに子供を連れて広島県の安佐動物園に行ってきた。 なんでも1歳になるまでに、いろんな動物と空気を共有することで、とてもつもなく頑丈な子供になるそうな。 迷信めいているが、ジャレド・ダイアモンド先生の名著「銃・病原菌・鉄 1万3000年にわ…

人はなぜ旅をするのか?「ソングライン:ブルース・チャトウィン」

旅が終わり、定住生活をする羽目になり、そして旅の本を避けていた昨今。 久しぶりに旅の本を読んだ。超強烈なやつを。 これは危険である。定住生活の苦しさの根幹をバッサリと暴露する。 ということで、危険極まりない旅本だが、定住生活の苦しさに一抹の旅…

出雲大社✕PHOTO④~海~

出雲は海もきれいです。 出雲から少し西に行けば、延々と砂浜が続きます。 西も良いんですけどね~西も。 日本海、冬の観光はおすすめしません(^O^) 以上、出雲大社シリーズでした。 tabing.hatenablog.com

出雲大社✕PHOTO④~木~

前回は「根」でありましたが、今回は「木」です。 木は自然物であり、加工材であり、神様が宿っていたり、薪にされちゃったりします。 出雲大社は木だらけです。何もかも。 木を見て森を見ず。 tabing.hatenablog.com

出雲大社✕PHOTO③~根~

人間、根っこが大事なんて言われますが、今回は「根」がテーマ。 花や実や葉よりも、根っこが好きな今日このごろ。 根っこというのは、たまに露出してるから絵になりますね。 想像力が掻き立てられそうだけど気にされないところがまた良いような気がします。…

出雲大社✕PHOTO②~影~

前回に引き続き、出雲大社。 今回は「影」と題しまして、ベタッとした僕好みの影をお送りします。 ベッタベタですね! 印刷屋泣かせだ(^O^) tabing.hatenablog.com

出雲大社✕PHOTO①~縄~

出雲大社に行ってきた。 今回のテーマは「縄」 やっぱり、出雲大社と言えば・・・ということで。 力強い「縄」特集でした。 とにかく人が多い。 相変わらずの曇り男ですが、モノクロ撮影には最高の日和でありました。 まだまだ続く。 ああ、旅がしたい。 tab…

世界一周旅行で飲みまくったビールの思い出

酒、人類を何千年も虜にし続ける最強の友人。 そんな中でも、世界の庶民に愛されるのが『ビール』であります。 夫婦揃って酒好き、特にビール好きなので、世界中のビールを飲みました。 ビールはだいたいどんな国にもありまして、中東などのイスラム圏にも売…

世界一周の旅の資金を貯める9つの方法~年収半分貯金作戦大綱~

世界一周をしてから2番目によく聞かれるのが、お金の話。 27カ国11ヶ月の世界一周旅行にかかった総費用は意外に・・・ - tabing 世界一周 費用はこの記事で書いたが、そのあとは軍資金をどうやって貯めたのか?という話になる。 僕は5年半働いて旅の資金を…