読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tabing 世界一周

旅好きな夫婦が世界一周してきます。旅好きな人たちが集まるサイトです。

世はまさにフルサイズ時代!旅カメラにもついにフルサイズ一眼のビッグウエーブが!

そもそも旅カメラとは? 「旅カメラ」の定義とは、『世界一周旅行に持って行きたいカメラ』である。 これはただ良い写真が撮りたい!という思いだけでは決められない。 子供の運動会を撮りに行ったり、蒸気機関車を撮りに行ったり、流行りのパンケーキ屋でふ…

世界一周した僕がおすすめするカルディ(KALDI)の商品

世界一周中に各地の料理や酒に舌鼓を打ちまくってきた。 さあ、日本に帰ってその味を思い出そう!と思っても、じつはなかなか難しい。 味の決め手はやはり調味料。 僕らが世界一周中に味噌や醤油がなくて苦しんでいたように、日本では手に入らないものが多い…

旅カメラは『どんな写真を撮りたいか』で決めよう!

旅の準備で一番困ったのがカメラ選びだ。旅に持っていくカメラとなれば、何でも良いというわけにはいかない。海外では携帯性、防犯、防塵性などなどいろいろと問題が多いからだ。 もちろん安い買い物ではないから失敗はできない。 旅のアイテム デジタルツー…

【持ち物リスト】世界一周を終えてからバックパッカー装備をとことん追求してみる【随時更新】

11ヶ月かけて世界を一周してきた。これ以上ないくらい楽しくて、怒鳴って、ドキドキした11ヶ月。たぶん死ぬまで記憶に深く刻み込まれることだろう。そんな世界一周で一番悩むのは装備についてだ。僕もさんざん悩んでバックパックにつめる装備を考えた。 以下…

旅に出ていても止まらない物欲

世界一周の旅も早10ヶ月。 遥か彼方に広がる大地、荘厳なる山々、過酷な大地に住む人々・・・ そんな地球の素晴らしい姿を見て、僕は果たして変わったのだろうか? 否、全く変わっておらん!! あれが欲しいこれが欲しい!日夜ニュースアプリめがけて流れて…

世界を旅して気づいた『カメラで国民性がわかる?』~日本人、欧米人、中国人の旅カメラシェア~

旅の相棒はやっぱりカメラだ。 世界を旅していると、スマートフォンの次くらいにカメラは使われているような気がする。カメラはそれくらい人との結びつきが強い道具だ。 そんな僕もカメラを携えて旅している一人だが、今までいろんな人達とすれ違い、いろん…

旅カメラ、8ヶ月使って・・・おぞましい姿に・・・

僕の旅の相棒は「オリンパスOM-D EM-5」である。これにPanasonicの旧式14-150mm砲を備え付けたのが我が旅カメラというのは以前お話しした。 世界一周『旅』カメラ論 - tabing 世界一周 最近の旅の3種の神器といえば、スマートフォン(タブレット型端末)、…

世界一周『旅』カメラ論

最近の旅の3種の神器といえば、スマートフォン(タブレット型端末)、ノートパソコン、カメラではないでしょうか。 旅の中で出会う人達もスマートフォンやノートパソコンは持っていないけど、カメラだけは持っているという人が多いです。 やはり人生でそう何…

世界一周に持っていく100均&ホームセンターグッズ公開

いざ行かん世界一周。 もう東京行きの夜行バスもチケット取ったし、いよいよだなあ。 いくらやっても結局準備し足らないのは遠足と一緒で、直前にしてあきらめモードに浸っているので愛しの100均&ホームセンターグッズを勝手に公開しよう。 本当ならば、全部…

世界一周装備番外編 もしもお金が腐るほどあったなら欲しいアイテム

物欲とは恐ろしいもので、知れば知るほど調べれば調べるほどぶくぶく太っていきます。 旅のアイテムとは色んな物を削ぎ落した結果であると思います。 だからその人らしさが出る。 僕が思う旅のアイテムとは自分の用途に合っていて、使いやすく、そしてコスト…

旅のアイテム 旅のお供にリッチなメモ帳を

「金が無い、金が無い。」と店先のインコのように連呼しているくせに、高級メモ帳を買ってしまいました。 そもそもメモ帳は旅行には必須です。スマホやタブレットが主流な今でもこのアナログの代名詞のようなメモ帳は大活躍します。だって電池もWIFIもいりま…

旅のアイテム デジタルツール編

最早切っても切り離せない、トカゲでも拾いにいくぐらい欠かせないのがデジタルツール。 技術革新とインターネット網の整備は一昔前とは大違いなスタイルの旅行ができるようになりました。 考えてみれば、家に帰ったらまずノートパソコンを開いてネットのニ…

旅のアイテム トレッキング装備編

旅のアイテム ファミコン全盛期に生まれた僕は、スーファミ、たまごっち、プレステ、携帯電話、スマホと共に生きてきました。 我が世代は溢れゆく物の中で自分好みにカスタマイズするという術を心得ていると思います。もちろん予算内であるというのが大前提…