tabing 旅とカメラ

世界一周旅行の記録とカメラやキャンプなどの趣味についての散財記

ライカ

ライカR8とバリオエルマーR35-70/3.5のレビュー

ライカM3とライカR8が我が家に鎮座するとは、ほんの一年前までは想像もしませんでした。これぞ沼画。 tabing.hatenablog.com ここに至る過程の詳細はこちらに譲るとして、ライカR8の情報が少なすぎるので久々にレビュー記事を書いてみました。 これほど需要…

実録:なぜ私はLeicaM3を買ったあとにLeicaR8を買ったのか?

題名を見て何が起こったのかわからなくなってあわあわしている諸兄には申し訳ないが、これは事実である。 恐るべしカメラ沼!レンズ沼!ライカ沼! では、そんな病理に蝕まれた自らの魂を献体し、LeicaM3からLeicaR8(恐怖の初期型)までの道のりをブリッツし…

脳とフィルムカメラ~なぜ人はデジタル全盛期にフィルムカメラを手に取るのか~

「なぜこのデジタル全盛期にフィルムカメラを使うのか?」 時代を逆行する嗜みを突き詰めると、一体そこには何があるのか? 高騰するフィルム代と現像難民、実際フィルムやってる人間からすると真理は経済性にあるが、その不可解な行動の根源は何なのか?と…

ライカM3を買った後に買ったモノ

tabing.hatenablog.com ライカM3買って3ヶ月経ちました。 紆余曲折悲喜交交艱難辛苦を超えて買いましたよ。 そんでもって、M3買ったから終わりだと思っていたらそうでもなかった。 これはライカユーザーなら、「ははは、小娘さん」とお笑いになるでしょうが…

ライカM3を買って3ヶ月のレビューと、撮影フィルム8本の中のベスト写真

tabing.hatenablog.com 気が遠くなるほどの膨大な時間と軍資金を投入して購入したライカM3とズミクロン初期型。 購入して3ヶ月でフィルムを8本ほど使いまして、その中でのベスト写真をレビューに乗せて打ち上げてみます。 // 最初の撮影は出雲大社。 レンジ…

「Kodak ULTRAMAX 400」の作例をnoteで書いてみた。

tabing.hatenablog.com 前回の記事で「Kodak ULTRAMAX 400」の作例をアップしました。 しかし最近、写真作例記事はnoteの方が向いているんじゃないのかと考えるようになりました。 作例はnote、レビューや使い方はブログ、というのが今のところ最適解かなと…

瑠璃光寺五重塔と「Kodak ULTRAMAX 400」の青

「Kodak カラーネガフィルム UltraMAX 400」で写真撮ってみました。 tabing.hatenablog.com カメラはいつものLeicaM3とSummicron 50mm f/2 この組み合わせだと、上記リンクのようなシャープな画が撮れるんですが、今回はクセのある「Kodak ULTRAMAX 400」と…

「Leica M3」と「Nikon F3」で海を撮る

Leica M3とNikon F3で海を撮り比べてみました・・・がちょっと問題発生。 「Leica M3」+「Summicron 50mm F2 1st」 「Nikon F3」+「AI Nikkor 50mm f/1.4S」 フィルムは共に「FUJIFILM FUJICOLOR C200」 // 「Leica M3」+「Summicron 50mm F2 1st」 レンジフ…

ライカM3 ズミクロン50mm f2沈胴 作例 『森』

ライカM3とズミクロンで森を撮ってきました。 フィルムは『FUJIFILM カラーネガフイルム FUJICOLOR C200』を使っています。 // ライカのレンズって勝手にシティーボーイだと思ってましたけど、この木の躍動感には驚愕しました。 こういう驚きは現像してスキ…

出雲大社✕モノクロ写真「izumonochrome」

島根県出雲市にある出雲大社にて、モノクロ写真撮影行ってきました。 平日、強烈な日差し、若干の空腹感というモノクロ写真撮影において必須の三条件が揃っていたこともあり、久しぶりに良い撮影ができました。 カメラ「Nikon D750」 レンズ「Nikon AI 50 f/…

フィルムとデジタルの写真を比較してみる

フィルムカメラとデジタルカメラ、どちらも甲乙つけがたい魅力がありますが、まあどっちも欲しくなるのがカメラの魅力でもあります。 今回はフィルムカメラとデジタルカメラで同じ風景を50mmレンズで撮影してみましたので、単純に比較してみました。 // 機材…

ライカM3 ズミクロン50mm f2沈胴 作例 『出雲市』

tabing.hatenablog.com 出雲大社のある出雲市もけっこう撮影スポットが多いんです。 ということで、今回はライカM3+ズミクロン50mm f2沈胴で出雲市を撮影してみました。 フィルムは『FUJIFILM カラーネガフイルム FUJICOLOR C200』を使っています。 // 前回…

ライカM3 ズミクロン50mm f2沈胴 作例 『出雲大社』

どしどし行きますライカM3+ズミクロン50mm f2沈胴の作例集。 今回は島根県出雲市にあります出雲大社です。 10月にも関わらず夏のような日差しの中、撮影に行ってまいりました。 フィルムは『FUJIFILM カラーネガフイルム FUJICOLOR C200』を使用しています…

ライカM3+ズミクロン 50mm f2沈胴 作例『子ども編』

あんなこんなで購入したライカM3+ズミクロン 50mm f2沈胴の作例をアップしていきましょう! まずはレンジファインダーカメラの特性を試すにはもってこいの「子どもの写真」です。 フィルムは『FUJIFILM カラーネガフイルム FUJICOLOR C200』を使用しました…

『フィルムデジタイズES-2』と『カメラのキタムラ』のフィルム→デジタルデータ化画質比較

フィルムデジタイズとは現像済みフィルムをデジタルデータ化することで、「Nikon フィルムデジタイズアダプター ES-2」を使えば簡単にできます。 カメラのキタムラでのデータ化は、フィルム現像時に一緒に頼むと550円でCDにスキャンしたデータを入れてくれま…

ES-2でフィルムをデジタルデータ化するための使い方ガイド【無料ソフト駆使】

前回の記事で書いたとおり、フィルムカメラで撮影したネガフィルムをカメラのキタムラでデータ化したのだけれども、550円取るにもかかわらずあまり良い出来ではなかった。あ、写真の出来とは違うよ。 そこで色々調べてみたところ、自家現像と違って自宅での…

ライカM3とズミクロン沈胴型の作例 キタムラデータ化

tabing.hatenablog.com ということで、作例です。 使用したのは「Leica M3」と初代「Summicron 50mm F2 沈胴」 フィルムは「FUJIFILM カラーネガフイルム FUJICOLOR C200」 カメラのキタムラでネガフィルム現像し、そのままCDデータ化してもらいました。 そ…

【実機レビュー】これがライカM3とズミクロン沈胴型だ!!!

tabing.hatenablog.com ついに購入したライカM3! せっかくなので、実機をこれでもかと舐め尽くしてレビューする。 死ぬまでにやってみたかったライカ開封の儀(中古) これがライカM3だ! レンズはもちろんズミクロン50mm F2 まとめと作例 // 死ぬまでにやっ…

中古のライカM3の選び方と少しでも安く買うにはどうすればよいか

tabing.hatenablog.com ということで、前回記事でも書いたとおり清水寺からムーンサルトプレスする覚悟でライカM3を購入する決意を固めた・・・んですけど、伝統あるM3はそれ自体にさらに複雑怪奇な悲喜こもごもが隠されていました。 今回はM3の選び方とそ…

結局ライカM3を買ったのだがそこに行き着くまでの自問自答を公開する

このご時世にライカM3を購入したのであるが、始めに言っておこう。 『愚か者』であると! このデジタル全盛期に、「完全機械式シャッター・露出計非搭載・フィルム仕様」のカメラにウン十万円も出すのは金持ちの暇つぶし以外は到底理解できまい。 しかし、ラ…

バルナックライカⅡfのフィルム装填とグッタペルカ剥がれと現像難民

バルナックライカⅡfとニコンF3を貰うという信じられない奇跡が起こりました。 日頃の行いが良いのか、それともあまりに哀れに思われたのか、まあこんな大層なものをいただけるなら何でも良いです。 バルナックライカⅡfとは フィルム装填の儀式 グッタペルカ…