読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tabing 世界一周

旅好きな夫婦が世界一周してきます。旅好きな人たちが集まるサイトです。

最後の旅は『東京』③

f:id:tetsujin96:20150329214530j:plain

足の痛みに耐えながら、旅の最後はあてもなく東京を歩いてみた。

そろそろ現実に戻らなくてはならない。

ひとまずこの旅はここで終わる。

あくまでもひとまずね。

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214503j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214508j:plain

壁のようにそそり立つ赤レンガは、僕にとって越えられない壁である 

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214507j:plain

なぜかとても緊張しながら歩かされてしまう

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214509j:plain

日本の最高学府「東京大学

ここは偏差値という見えない壁の向こう側 

それでも僕が見たかったのはかつて日本が元気だった時代の象徴

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214510j:plain

さすがにヘルメットをかぶった人たちはいなかった

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214511j:plain

東京大学目の前の古本屋。

読書好きの僕ではあるが、見たことない本ばかり並ぶ。

デカルトヘーゲルキルケゴールハンナ・アーレントハイデガーウィトゲンシュタイン・・・なぜかニーチェ関連が多いのが絵になった。

 

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214516j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214515j:plain

高円寺の下町。

こういった商店街、田舎ではほぼ壊滅している。

車を持つ必要がないからこそ残された風景。なんとも皮肉である。

そしてここの古本屋、黒田寛一トロツキーといった激濃の真っ赤な本が並ぶ!

 

 

  

f:id:tetsujin96:20150329214518j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214517j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214520j:plain

中野ブロードウェイだったら住めそう 

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214519j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214523j:plain

僕の行きつけの神保町。

ここらへんでうろつくのが至高の贅沢。

かの司馬遼太郎は「竜馬がゆく」を書くためにトラックで乗り付けてきたという。 

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214526j:plain

皇居の周りはランナーと桜でにぎわいを見せる

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214528j:plain

ワンカップが欲しいところ

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214525j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214527j:plain

 

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150329214529j:plain

さあ新たな旅の始まりだ!