tabing 世界一周

旅好きな夫婦が世界一周してきます。旅好きな人たちが集まるサイトです。

世界で集めたスターバックスの海外限定マグカップを飾ってみた

f:id:tetsujin96:20150412102031j:plain

世界一周中、たくさんおみやげを買った。

旅先で買ったものはそれ自体に思い出が込められているので、ふと見返すだけでその時の風景を感じることができる。

 

そしてこのスターバックスのマグカップ。

これがなんとも特殊だ。

なぜなら世界規模で統一感のあるアイテムだから。

旅先の名物や特産品ではなく、世界で同じ規格でありながら地域性もあるアイテムというのはなかなか無い。

謂わば日本でよくあるご当地キーホルダーのWORLD・VERSIONなのだ。

 

これは世界展開しているスターバックスならではの力技。

こういう現地でしか買えないレア感が大好きな日本人。

そう!その構成員である僕らも行く先々で買ってしまうのだった。これは日本中の土産屋で謎の提灯を集めていたじいちゃんのDNAが成せる収集癖。

 

ということでちょいちょい集めたマグカップを披露してみよう!!

 

 

 

そもそも海外限定マグカップとは?

スターバックスの店頭で販売しているマグカップで、地域ごとにオリジナルのデザインがある。

もちろん日本にもあり東京や広島などでデザインは違う。

ひとつだいたい12ドル前後。1500円前後で購入できる。

 

 

インド・タイ

f:id:tetsujin96:20150412102032j:plain

さあいってみよう!

まずは左のインド。これはけっこうレアなはず。

なんせインドではつい最近スターバックスが初出店したばかり。

これはトランジットで立ち寄ったムンバイの空港で買ったもの。

スターバックスが日本のように気軽に立ち寄れるようなところでは無い国では、国際空港や誰もが立ち寄るような観光地の中の一等地くらいしかない。

なんせスターバックスのコーヒーの料金はたいていどこにいっても同じような値段だからだ。日本人でもちょっと高いと思うような価格なので、インドでは尚更。

100円出せばお腹いっぱい食べられて700円出せばエアコン・トイレ・シャワー・衛星テレビ付きダブルルームに泊まれる国で、一杯400円近くするコーヒー。

なのでそういった国では外国人観光客かエリートビジネスマンくらいしか立ち寄らず、場所によっては門番までいたりする。

 

このインド・マグのデザインはニューデリーにあるインド門。

う~ん見ているだけでインドの香りがしてきそうだ。

 

 

右のマグカップはタイ・チェンマイのデザイン。

タイではバンコク、パタヤ、チェンマイの3種類を見つけた。

チェンマイは日本で言う京都のようなところで、象に乗って遺跡を見学するのが人気なので納得の象さん柄。

ちなみにタイの首都バンコクはスターバックスだらけ。

2年前に来た時は繁華街くらいしか見なかったのに、ものすごい増殖している。

とくにサイアムパラゴン周辺はコンビニのように数百メートルおきにあったりする。

 

 

 

f:id:tetsujin96:20150412102033j:plain

こちらは裏側のデザイン。

スターバックスのマグカップは表と裏に2パターンの柄が入っている。

 

左はインドの国技クリケット。

野球のようにも見えるが少しルールが違う。

場合によっては試合時間が何日もかかってしまうらしい。

夕方にインドの町を散歩していると、クリケットをしている子どもたちの歓声をよく耳にする。それくらいポピュラーなスポーツだ。

 

右はチェンマイのお寺。

タイのお寺はみんなこんな感じ。

白川郷の合掌造りのような尖った屋根、そして目がくらむ様なキンキラリン!

 

 

台湾・ベトナム

f:id:tetsujin96:20150412102034j:plain

左は台湾の首都台北モデル。

世界4大博物館のひとつ故宮博物院がそびえ立つ。

台湾はお茶のイメージが強いが、けっこうコーヒーショップは多い。

 

右はベトナムのホーチミン。

この謎の乗り物は、最近はあまり見なくなったシクロという自転車タクシー。

ベトナムもスターバックスはあまり見ない。

超絶混みあうマクドナルドや一等地にあるスターバックスを見ると、平和になったんだなあとつくづく思う。

 

 

f:id:tetsujin96:20150412102035j:plain

509mもある超高層ビル「台北101」が印象的な台北の夜景。

台北の町並みはまるで日本にいるような錯覚に陥るほどそっくりだった。

 

このホーチミンの建物は何なのかよくわからない。

人民委員会庁舎か大教会だろうか?

 

 

スペイン

f:id:tetsujin96:20150412102036j:plain

スペインはマグカップではなくデミタスカップ。

エスプレッソの国なのでここはデミタスカップでしょう!

なんせ同じ値段で2つも買えちゃうんだから(^O^)

 

左はバルセロナのガウディ建築の一つ「カサ・バトリョ」

右はスペインが生んだ名作の主人公ドン・キホーテとパンチョ。

 

 

f:id:tetsujin96:20150412102037j:plain

バルセロナの町並み、そして日本?

なぜか右のほうが日の丸と鶴に見えてしまうのだが・・・

 

【スポンサーリンク】
 

 

世界のマグカップ 

f:id:tetsujin96:20150412102039j:plain

ちなみにこのマグカップ、高い、嵩張る、壊れ物という世界一周で買ってはいけないおみやげの3大ポイントをすべて踏まえている。

これだけしか買わなかったのも、荷物を日本におくる直前に買ったからというのもある。

ちょっと持ち歩くには不安だが、スターバックスの店員はどこもかなりしっかりしているので、「飛行機に乗せるから頑丈に包んで」というとダンボールでしっかり梱包してくれる。

日本に送る際は、要らなくなった服やおみやげ用のTシャツなんかでぐるぐる巻きにすれば良いと思う。

 

 

f:id:tetsujin96:20150412102038j:plain

なんかこう飾ってみるともっと買っておけばよかったなあ~なんて後悔。

南米のマグカップもあればよかったんだけど、特にペルーのやつ・・・

 

こんな旅で集めたものを眺めながらバックパッカー後遺症にもめげず元気に労働しております!

 

ということでマグカップでコーヒーでも・・・

tabing.hatenablog.com