tabing 旅とカメラ

世界一周旅行の記録とカメラやキャンプなどの趣味についての散財記

ライカM3を買った後に買ったモノ

tabing.hatenablog.com

ライカM3買って3ヶ月経ちました。

紆余曲折悲喜交交艱難辛苦を超えて買いましたよ。

そんでもって、M3買ったから終わりだと思っていたらそうでもなかった。

これはライカユーザーなら、「ははは、小娘さん」とお笑いになるでしょうが、恐ろしいものです。

というわけでライカM3買った後に買ったモノを書いてみます。

 

 

 

 

レンズキャップとフード

tabing.hatenablog.com

M3と一緒にズミクロン初期型、いわゆる沈胴くんを購入しました。

そして2,3回使えばレンズフードが欲しくなるわけです。

 

f:id:tetsujin96:20191213220634j:plain

写真右下のゴーストの半端なさを見たら、レンズフード欲しくなるわけですよ。

それに外で持ち運びする際に、レンズキャップが欲しくなるわけです。

だってレンズ表面を拭き取るのすら良くないとか書いてあると、ビビるじゃないですか。

 

ですがデジタルカメラでおなじみのレンズにピッタリキャップは、70歳近いオールドレンズには良くないというのを耳にしました。

オールドレンズは表面のコーティングが脆く、レンズを触ることはご法度。

ということは、レンズ前面にぴったりはめるタイプはあまりおすすめできません。

ということで、(うすうす感づいていましたが)純正レンズキャップをネットで調べておったまげました。

 

www.mapcamera.com

レンズフードでレンズ買えるやんか!

レンズフードで国産の撒き餌レンズ買えるやんか!

ライカ沼は石油王でもない限り、長めの棒で突っつきながら恐る恐る歩く以外ありません。

 

 

f:id:tetsujin96:20191219220547j:plain

そして紆余曲折ありましたがAmazonは本当に偉大な存在で、我が家御用達の中華メーカーモロパクリ商品で格安品を見つけました。

 

なんと純正っぽいフードがたったの999円(39mm)

しかも、フード先に付けるブサイクなキャップとクリーニングクロスまで付いています。

さすが大躍進政策と文化大革命を成し遂げた国です。

謝謝!

ちなみに予想通りですが、フードをつけてもフレアとゴーストは全然変化なかったです。

まあオールドレンズなので。

鏡胴型のレンズフードならいけるかもしれませんが、なんせ現像するまで確認できないのでちょっと非純正品は怖いですね。

でも落とした時とか、レンズ触っちまったアクシデントのダメージが多少は防げそうなので良かったです。

 

 

NIKON ES-2 フィルムデジタイズ

tabing.hatenablog.com

フィルムカメラで撮影した後、バックモニターで撮れ高を確認・・・なんてことはもちろんできません。

撮影フィルムを現像して気に入ったものを印刷していたのがフィルム時代ですが、今はデジタル化も簡単にできます。

デジタル化すれば、写真の詳細な確認ができたり、バックアップできたり、自宅で印刷できたり、SNS等でも利用できます。

しかしフィルムをデジタルデータ化するにも色々奥深い沼があります。

 

まずはカメラのキタムラで500円かけてデータ化してもらったんですが、正直画質は悪い。

現像600円+データ化500円、さらに庶民に優しい消費税10%がのしかかります。

ということで、自宅でデジタル化しようと思いますよね、普通。

 

 

tabing.hatenablog.com

これにたどり着きました。

フィルムのデジタル化はフィルムスキャナーが一般的ですが、高級機でないと画質が微妙、しかし高級機は高いし場所を専有する、というよくあるジレンマが発生します。

そこで、現在持っているカメラにマクロレンズを取り付けるだけで使えるフィルムデジタイズなるものを購入しました。

 

 

これを使えば現在持っている『Nikon D750』で高画質撮影できます。

つうことで『Nikon Ai AF Micro Nikkor 60mm f/2.8D』というマクロレンズまで買ってました。

 

 

tabing.hatenablog.com

もうここまで来るとどうでも良くなるのが人間です。

ES-2が17000円、マクロレンズが中古で16000円です。ははは。

 

 

tabing.hatenablog.com

GIMPでの階調変換とホワイトバランスの適正化が最近やっとなれてきたように思います。

なが~い目で見れば、コスパ良い!と思うのはもう沼の症状でしょうか?

 

 

 

RICOH GR

note.com

ここまで読んでいただいた方には全く意味がわからないでしょうが、『RICOH GR 』を買いました。

中古で30000円くらい。もう脳内大蔵大臣が沢尻エリカになった模様です。

もろもろの爆買いでポイントが溜まっていたのを言い訳に、なぜかカメラを買いました。

簡単に言うと、ライカM3の軽快さに惚れ込み、手軽で軽快でデジタルなカメラが欲しくなったような気がすると言っておきます。

詳細はnoteに書いています。

 

 

f:id:tetsujin96:20191219223937j:plain

 

f:id:tetsujin96:20191219224025j:plain

やっぱりこんなスナップはGRじゃないと撮れませんしね。

う~ん仕方ない。

note.com

GRスナップ集、よかったら見てくださいませ。

 

 

ロバート・フランク「The Americans」

f:id:tetsujin96:20191004225821j:plain

まあ順当に「The Americans」買いますよね。

 

 

カメラ沼教聖典

f:id:tetsujin96:20191219224647j:plain

まあ順当だよね。

カメラ沼教ライカ派沈胴会所属です。

ジウジアーロ・ニコン派でもあります。

 

 

 

まとめ

tabing.hatenablog.com

ベスト写真はこちら↑

 

ライカM3を買ったのは、史上最高のファインダーといわれるM3が死ぬほど欲しかったこと、そして50mm専用機ともいえるM3であればレンズ沼にはあんまりはまらないかも・・・という淡い期待があったんですけど、最近35mmも欲しくなっちゃって。

ということは、M4かM6欲しいなあとか思っちゃって。露出計ないのでスマホアプリ使ってるんですけど、精度はまあまあなんですけど面倒でもあるんでM6ええなあとか。

でもレンズ高いからライカフレックスでRレンズという手もあると。

でもよくよく考えると35mmはスナップで使いたいから、だったらデジタルかなあ。だっていっぱい撮れるし。フィルムでスナップって手が震えそう。そうなるとM8しかないかな?

デジタルライカはコスパ悪そうだから、α7sにアダプタ付けて・・・

でもどうせならプラウベルマキナ67までいっちまうか!もうヤケだ! 

 

 

おすすめリンク

tabing.hatenablog.com

 

tabing.hatenablog.com