tabing 世界一周

旅好きな夫婦が世界一周してきます。旅好きな人たちが集まるサイトです。帰国後はアウトドア趣味全開!

『NIKON AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR』で初心者が野鳥撮影をするとどうなるのか

tabing.hatenablog.com

レンズ沼からこんにちわして買ってしまった「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」です。

もちろん愛娘の運動会用という大義名分のもと野鳥撮影用になっております。

プロ級レベルの友人に野鳥撮影を教えてもらったので、早速お披露目します。

初心者が野鳥撮影をするとどうなるのか乞うご期待!

※ボディは『D750

 

 

 

 

200-500mmを見てみよう

f:id:tetsujin96:20190504110125j:plain

ワイド端200mm

このレンズは200mmスタートです。

通しでF5.6なので明るいのですけれども、普段使いはしにくいですね。

 

 

f:id:tetsujin96:20190504110128j:plain

テレ端500mm

寄れるわあ。初望遠レンズ素晴らしい!

しかしレビューでも指摘されているとおり、ズームやピントリングを回すのが結構大変で、200mmから500mmまで回すとなるとレンズ径95mmを2周近く回します。

僕は手がでかいので大丈夫ですが、手持ち撮影となると女性には厳しいかもしれません。

ちなみに超望遠レンズあるあるで、500mmにもなるとブレブレです。シャッター押しただけでめっちゃ動きます。

写真中央に杉の木を狙うのもかなり苦労しました。まだ修行が足りない。

 

 

f:id:tetsujin96:20190504110141j:plain

望遠レンズの圧縮効果は本当に面白いですね。

圧縮効果とは望遠レンズ特有のもので、この写真のように遠くの景色が近くまで圧縮されたように写る現象です。

これは50m位先の道を撮ったのですが、すぐ手前に見えます。

風景写真でうまく使いたいですね。

 

 

初心者が野鳥撮影するとどうなるのか?

さあ野鳥撮影です。

しかもこの超望遠レンズで手持ち撮影、重量3kg超えです。

なんせまだ三脚持ってないですからね。

無謀な試みですが、いっちょ行ってみましょう!

 

 

f:id:tetsujin96:20190504110138j:plain

はい、全然撮れません!

火を見るより明らかですが、さっぱり撮れません。

初心者が野鳥撮影して初めて感じることを書いてみましょう。

 

①まず野鳥が探せません

そもそも野鳥が発見できません。

鳴き声はそこら中でしているのに、友人はすぐに見つけますが、僕はさっぱり。

というか、野鳥なんて雀やカラスぐらいしか知りません。

 

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑

 

孫氏曰く「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」ということなので、早速野鳥観察図鑑を購入。

野鳥の習性が分かれば、自ずと撮影ポイントがわかるようです。

野鳥も好きな木や環境がそれぞれあり、長く木に留まるものもいれば、茂みが好きなものいます。

見つけ次第撮るのではなく、生息地を踏まえた上で狙いたい野鳥がいそうなポイント探しをする方が遭遇確率は高いようです。

 

 

②AF全く合わない

想像以上にAF合いません。

木々の中にいると、手前の枝や奥の大木なんかにピントが合ってしまい、そうこうしているうちに鳥さんは逃げてしまいます。

かといってマニュアルとなると、慣れていないので全然ピントが合わない。

 

f:id:tetsujin96:20190504110116j:plain

この比較的取りやすいサギですが・・・

 

 

f:id:tetsujin96:20180429075552j:plain

AF任せだと、寄って見ればピント合ってない。

そもそも白飛びしているし。

やはり置きピンやマニュアルも使いこなせないと・・・

 

 

 

③手持ち撮影は無理

f:id:tetsujin96:20190504113525j:plain
3kgもある高価な物体を丁寧に取り回し、しかも雀くらいの小さな野鳥を撮るとなるともはや筋トレです。

そんで手がプルプルしてくると、500mmならブレブレ。

これも正面向いてくれていたんですが、家に帰って寄ってみるとブレまくってます。

三脚か一脚がないと、体力的にもピント合わせ的にも難しいですね。

 

 

④想像以上にトリミング必須

f:id:tetsujin96:20190504110120j:plain

キビタキちゃんです。

珍しく眼の前にいたので、バチピンで撮れたとも思いきや・・・

 

 

f:id:tetsujin96:20180426161545j:plain

やはり曇天でしたので、解像度が微妙。

でもここまで寄っても見れるっちゃあ見れます。

しかし野鳥撮りはトリミング必須ですね。

想像以上に寄れません。すぐ逃げちゃう。登山道以外に入りこむのは良くないし、そんなところは藪なので大きな音が出てしまいそう。

やはりポイントでカモフラージュして待ち構えるのが良いのかな。

 

 

f:id:tetsujin96:20190504114322j:plain

かなり離れていても、ピントが合っていれば・・・

 

f:id:tetsujin96:20180427123550j:plain

無理やりここまでトリミングしてもまあ大丈夫そうです。

ここからは数少ない成功写真をアップしてみましょう!

 

 

f:id:tetsujin96:20180427101258j:plain

若干ズレてますが、コゲラちゃんです。

 

 

f:id:tetsujin96:20180427094418j:plain

コゲラちゃんはキツツキのように木をコンコンしますので、割と同じ場所でウロウロしています。

まさに初心者向けのありがたい野鳥です。

背中のしましま模様がキュートですね。

 

 

f:id:tetsujin96:20180426163855j:plain

そんでせっかくバチピンだったのに、顔を隠すのはキビタキさん。

 

 

f:id:tetsujin96:20190504110131j:plain

湖畔を散策していると鷹っぽいのが・・・

 

 

f:id:tetsujin96:20180427071602j:plain

なんか気持ちが悪いですが、たぶんミサゴではないかと。

 

 

f:id:tetsujin96:20180427140038j:plain

草陰にいたアオジ。

望遠レンズではこのように前ボケが使えるので、狙って撮れば良い写真が撮れそうです。

 

 

 

f:id:tetsujin96:20190504110135j:plain

ちなみに静物は良いですねえ。

望遠レンズらしいボケがたまりません。

ですがかなり離れないと撮れないので、場所を選びます。

 

 

f:id:tetsujin96:20190504110112j:plain

我が師匠。

 

 

野鳥撮影で必要だと思う物

とまあ初めての野鳥撮影でしたが、安心して撮影に没頭するのであれば、それなりの装備が必要だと思います。

特に山での撮影は危険も多いので、今回持っていったものやあれば良いと思ったものを書いておきます。

 

バックパック

tabing.hatenablog.com

バックパックは必携ですね。

Lowepro 400AW II」にしました。

山で撮るなら、タフで撥水素材の本格的カメラ用バックパックが必要です。

 

三脚+雲台

LS-323C カーボン三脚 レンジャーシリーズ Leofoto 3段

LS-323C カーボン三脚 レンジャーシリーズ Leofoto 3段

 

この三脚を近々購入予定。

またレビューします。

 

登山ウェア

tabing.hatenablog.com

登山をやっているので、そこから流用しています。

特にレインジャケットは山に入るのであれば必携だと思います。

標高の低い山でも、突然の豪雨に見舞われた場合、低体温症で死ぬこともあります。

また寒い時期にはフリースやダウンジャケット、暑くても日焼け対策や汗抜けの良いウェアがあれば安全だと思います。

あともし遭難したとき用に、『ライペン(ARAI TENT) ビバークツェルト・ソロ』をバックパックに忍ばせておけば安全だと思います。

これは緊急避難用のシェルターのようなもので、ポンチョのようにかぶったり、簡易テントのようにも使えます。

道迷いで遭難したり、山の変わりやすい天候は何が起こるかわからないので、緊急時ツェルトがあれば安心できると思います。

 

野鳥図鑑

ぱっと見わけ観察を楽しむ 野鳥図鑑」を帰ってすぐ買いました。

ハンディタイプはかなり高いので驚きました(汗)

 

双眼鏡

「カメラあるから要らないじゃん」と思ってましたが、これ絶対要ります。

目視だけだとよくわかりにくい時に、さっと望遠で確認したいんですが、カメラだと取り回しが悪いのでできません。

手軽な双眼鏡があれば便利だと思いました。

 

 

 

 

まとめ「野鳥撮影はポケモン世代なら絶対ハマる」

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

 

野鳥撮影は最高に面白かったです。

リアルポケモンですね。ポケモンGOのリアル版です。

草むらや山林をカメラ構えて散策するのは、まさしくポケモンじゃありませんか!

レアな野鳥なんか見つけたら小躍りしそうな感じは、ポケモンに近いですよ。

と、小学生時代にがっつりハマったポケモンを思い出しました。

まだ初心者ですので、ピント合わせや野鳥の習性を学んで、良い写真が撮れるようになりたいものです。

 

 

おすすめリンク

tabing.hatenablog.com