読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tabing 世界一周

旅好きな夫婦が世界一周してきます。旅好きな人たちが集まるサイトです。

ネパールのちょっと怖かった話~謎の日本人女~

 

f:id:tetsujin96:20141005145122j:plain

※この話はノンフィクションである

17時30分。

夕日に照らされるカトマンズの見慣れた町の中を、ただただぶらぶらと歩いていた。

 

もう行きつけの喫茶店が二軒ばかしある。カトマンズとはそんなところだ。

今日の晩飯は台湾料理だった。腹も膨れたことだし、そのまま宿に帰ることにした。

 

 

宿は安宿がひしめくタメル地区にあった。

狭い扉を開け、薄暗いレセプションの前を通る。ネパールでは珍しいスーツを着ている女性スタッフが軽く会釈をした。その顔にはスーツが少しぎこちなく見えるくらい、あどけなさが残っていた。

 

 

 

一〇二号室の少し立て付けの悪いドアを開けて、薄暗い部屋の中に入る。

 

土埃が舞い、クラクションが鳴り響くタメル地区の散歩は、距離が短い割には疲れる。ベッドに寝っ転がり、本の続きでも読もうかと思った時だった。

 

 

ドンドンドン!

 

 

激しくドアが叩かれる。

「宿代払えってか?」

さっきのレセプションの女性かもしれない。そういえば明日チェックアウトなのに、まだ宿代を払っていなかった。

鍵を開けて扉を開く。

 

 

すると白い大きな目玉が二つ、ギョロッと僕を見上げている。薄暗い廊下では、目だけが白く光って見えた。僕は思わず仰け反った。

 

「ににに、日本人ですか?」

 

聞き慣れた日本語だ。ドアの隙間から僕を伺うように、小さい女性がぽつんと立っていた。

「え?あ、はい。日本人ですけど・・・」

「どこから来たんですか?」

「ええと、関西の方ですけど」

小さい日本人の女は、わざとらしく頷いた。

「あのぅ。こ、ここの、宿代っていくらですか?」

 

なぜ俺に聞く?というかここに来るまでにレセプションの前を通ったはずだが。

「ダブルで9USドルですけど」

「あ、ありがとうございます」

そう言って女はドアを閉めた。

 

 

「何、今の?」

嫁と二人で顔を見合わせる。

ネパールの安宿でいきなり現れた日本人。どこか挙動不審で、何故か宿代を聞いただけで立ち去った。一切まばたきをしない白い目が、とても不気味だった。

 

「なんだろう?レセプションで聞けばいいのに。ここに泊まってる感じじゃなかったけど」

「私達のあとを付けてきたんじゃない?」

 

 

 

ドンドンドン!!

 

 

思わず飛び跳ねた。

激しくドアを叩く音が緊張した空気を引き裂いた。

「あのぅ。日本人の方ですよね?ちょっといいですか?」

 

さっきの女の声だ。

かなりオカルトな展開だが、僕は好奇心に屈した。

僕は鍵を開けた。

 

 

ガチャガチャガチャ!!

 

 

女は鍵が開いたと見るや、ドアノブをめちゃくちゃに回し始めた。

僕は咄嗟に右足をドアに掛け、少しだけ扉を開いた。

すると先程の白い目玉が二つ、同じように僕を見上げていた。

ネパールの民族衣装姿で、腕にいろんなアクセサリーをつけたその小さい女は、相変わらずまばたきを一切しなかった。

 

「あのぅ。に、日本人に会ったら、これ渡してるんですよぅ」

女は小さな紙切れを差し出した。

 

そこには「乳酸菌で健康生活!」と書かれており、後ろにホームページのURLが連ねてあった。

「あのぅ。乳酸菌ってすごく体にいいんですよ」

「はぁ」

「すごい健康になれますし。良かったらここに書いてあるサイトを見てください」

「はぁ」

「あと・・・」

女はそのあと、衝撃的な一言を言い放った!

 

 

放射能にも効果があるってことが書いてあるんです」

 

 

「え?」

 

 

女はそう言い放つと「いきなりお邪魔してすみませんでした」とだけ残してそそくさと暗い廊下の先へ消えていった。

 

僕たちはなんとも言えない恐怖に襲われた。この恐怖を例えるなら「湯船に飛び込んだらお湯ではなく全部スライムだった」という感じだろうか。

 

二分ほどの静寂のあと、嫁が止めておけというのを無視してそのサイトにアクセスした。

やけに古臭いデザインのホームページに辿り着いた。

 

目がチカチカするトップページから、いきなり乳酸菌について熱く語っていた。

サイドバーには健康食品などのアフィリエイトがズラッと並ぶ。

思っていたのと違いやたらフランクな文章だったが、あり得ないほど読みづらい。

 

スクロールしても延々と乳酸菌の素晴らしい効用が書き綴ってある。

「なんだ。なんかの健康オタク的なやつかな?」

そう思っていると、そこから摩訶不思議な世界が、一切乳酸菌と関係のない世界が広がっていく!

 

 

東京電力

 

安部首相!!

 

北朝鮮!!!

 

 

僕はゆっくりとパソコンを閉じた。