tabing 世界一周

旅好きな夫婦が世界一周してきます。旅好きな人たちが集まるサイトです。

日本の面影とオーダーメイドと黄色い町ホイアン

f:id:tetsujin96:20141119020504j:plain

フエからバスでハイヴァン峠を越える。

ぐねぐねと伸びるこの長い峠道は、ベトナムの気候を北部と南部で変えてしまうほどの難所だ。
ハイヴァン峠を何とか越えると中部最大の都市ダナン、そして僕らの目的地ホイアンがある。

 

 

黄色い町ホイアン

f:id:tetsujin96:20141119020514j:plain

かつて国際貿易港があったホイアン世界遺産の町だ。

最も栄えたのは16世紀末、ホイアンポルトガルやオランダ、中国、そして日本ともつながっていた。
世界遺産にはよくある話だが、ここホイアンも貿易港としての利点が徐々に失われていくと次第に寂れていき、いつしか忘れ去られていた。

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020513j:plain

ホイアンといえばこの黄色い壁。
街中の壁という壁が黄色いで覆われている。
そこにはベトナムと中国と日本の建物技術が混ざり合った古い家が残されている。

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020506j:plain

中でもこの通称日本橋ともいわれる来遠橋は、1593年に日本人が作ったという。
かつてはここに多くの日本人が住んでいたのだ。

そんな彼らも徳川幕府鎖国令が出されると皆いなくなってしまった。

少し寂しい歴史を持つ来遠橋だが、今は多くの観光客が訪れている。

 

 

そんなホイアンの町並み

f:id:tetsujin96:20141119020503j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020515j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020518j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020516j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020519j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020521j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020522j:plain

 

 

 

夜のホイアン

f:id:tetsujin96:20141119020502j:plain

ホイアンの夜はランタンで彩られる。
川縁には多くのレストランや屋台が並び、とても賑やかだ。

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020459j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020507j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020500j:plain

ベトナムで何店舗か見たパクリアート屋。映画やアニメのポスターなどをアーティスティックにして売っている。たぶん著作権とかは無視だろう。そして僕はここで「ファイトクラブ」と「七人の侍」のポスターを買ってしまった。好きな映画には弱い。

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020508j:plain

ホイアンでは生ビールが飲める。
しかもグラス1杯30円。これは昼から飲んでも許されるだろう。

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020517j:plain

夜のホイアンの景色を眺めながら名物カオ・ラウをいただく。
カレー風味の出汁に太くてしっかりした麺をつけて食べる。
どすんと乗っているチャーシューは味が染みていて美味い。

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020509j:plain

そういえば市場にある食堂では2年前に訪れた時にもいたおばあちゃんが、まだ同じ場所でせっせと働いていた。
もちろんばあちゃんは僕のことなど覚えては居なかったが、僕はばあちゃんにとても感謝している。
それはばあちゃんのおかげでナスが食べられるようになったからだ。子供の頃からずっとナスは嫌いだったのだけれど、ばあちゃんが勝手に入れた煮物のナスを食べてから雷に打たれた。
「ああ、なんて人生損をしてきたのか!」
それからというものナスが大好物になりましたとさ。

 

 


オーダーメイド

f:id:tetsujin96:20141119020510j:plain

ホイアンという町は、美しい街並みだけではない。
ここは世界から女性がわんさか押し寄せるファッションタウンでもある。
ホイアンでは靴から革ジャン、バック、シャツ、ワンピース、そしてアオザイまでなんでもオーダーメイドで作ってくれるのだ。

しかも格安かつ迅速

サンダルなんか半日で作ってくれる。
嫁さんはこれだけを楽しみにベトナムへやって来たようなものだ。

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020511j:plain

ということでオーダーメイド体験。
まず店で好きなデザインを選ぶ。店に並んでいるものからでも良いし、店のカタログから選んでも良い。
そのあと皮の種類や色を決めて採寸。

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020512j:plain

これで終わり。早くデザインを決めることが出来たら、15分くらいで終わってしまう。

僕も以前サンダルを作ってもらったが、けっこうしっかりしていて今でも履いている。


サンダルなら8ドル~25ドル(デザインによる)くらいだ。

他にもブーツや革ジャン、バックなどなんでも作れる。
しかしブーツなんかは若干クオリティーは低めだ。
ポイントとして、同じ店でいくつか頼めば安くなること、デザインはカタログより陳列されている物から選んだほうが無難、ちゃんとこちらの意見を言わないとハイハイと勝手に決められてしまう、なんてのがある。

ホイアンではデザイン決めで苦しむ女性の顔をよく見れる。

 

 

カフェ

f:id:tetsujin96:20141119020524j:plain

来遠橋を越えた先にある路地に入っていくと、雰囲気の良いカフェがあった。

古い旧家をカフェにするのは世界でも流行っているらしい。神戸の異人館のスタバはすごかったなあ。

 

f:id:tetsujin96:20141119020528j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020527j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020525j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020526j:plain

お洒落なカフェでもやっぱりベトナムコーヒー。

 

 

 

f:id:tetsujin96:20141119020505j:plain

ホイアンは何回来ても楽しい。

町は綺麗だし料理もビールも美味い。

オーダーメイドやお洒落なカフェもある。

でも何となく落ち着くのは、遠い昔の日本の香りが残っているからだろうか?

400年前たしかにここを、ちょんまげのご先祖様たちが歩いていたのだ。

 

ホイアンはどこか懐かしい町。