tabing 世界一周

旅好きな夫婦が世界一周してきます。旅好きな人たちが集まるサイトです。

ネット通販で買える美味しくてコスパ良すぎなオススメ『コーヒー豆』

f:id:tetsujin96:20160612110852j:plain

酒も煙草もやらない僕の嗜好品は、コーヒーである。

「コーヒーってなんて苦くて不味いのに何故に飲むのだ?」と23歳まで思っていたのだが、今は立派なコーヒージャンキーであるのがまた人生の面白いところ。

コーヒーを淹れるための器具は、

自宅カフェ化計画~ABLE KONEとCHEMEXでコーヒーを淹れてみよう

登山で最高のコーヒーを飲むためのオススメ『アウトドアコーヒー道具セット』

上記のリンク通り集めてみたのだが、肝心の『コーヒー豆』がこれまた入手が難しい。

住んでいる場所がかなりの僻地なので、「コーヒー豆が買えない」

スーパーマーケットにはあるが、コーヒー好きを自称するなら、いつ焙煎したかもわからない陳列棚のコーヒー豆を買っている場合ではない!

ということだが、こんな田舎までネットショッピングの波はやっと押し寄せてきてくださって、コーヒー豆がささっと買えちゃうのである。

今回は僕がいろいろ試してみたコスパ良しコーヒー豆をご紹介!

 

 

honu加藤珈琲店 

コスパ最強はこの加藤珈琲店おいてないだろう。

1.5kgで2500円前後、100g=166円くらい

ダンボール一杯にどっさりと送られてくる様は圧巻の一言。

これだけの量でこの安さなので、正直味の方は全く期待していなかった。

だがこれが意外に美味い!

湯を注ぐとしっかり膨らむし、匂いや味も豆の個性がしっかり感じ取れる。

 

個人的にはホンジュラスが匂いも良くて好きだ。

コーヒーを日に何杯も飲むようなコーヒージャンキーさんには特におすすめ。

 

 

パオコーヒー

200gで400円~1000円前後

パオコーヒーの良い所は、豆の種類の多さ。

聞いたことがないような国からも取り寄せている。

そして家族経営でコストを切り詰めているため、非常に安く提供されている。

 

しかもクレジットカード対応で発送がものすごく早い。

急にコーヒー豆が切れた時なんか重宝してくれる。

 

珍しい稀少豆も扱っているが、数量限定のためこちらもサイトは要チェック。

ケニア カリンドゥンドゥが程よい苦味と香りが良かった。

 

 

【スポンサーリンク】
 

澤井珈琲

山陰の老舗珈琲店である澤井珈琲

こちらの福袋はコスパが良くて有名で、

2kgで2570円とまさに破格!

個人的にはシンプルで上質な味わいのコーヒーだと思う。

 

この安さなので、濃いめのアイスコーヒーが飲みたい夏によく購入する。

豆をいつもより多めに入れて飲むアイスコーヒーは絶品だ。

あとは朝食にフレンチプレスで淹れたりもする。

 

 

Kirkland スターバックス ローストハウスブレンド コーヒー  

スターバックス コーヒー豆 ハウスブレンド907g 緑 レギュラーコーヒー

スターバックス コーヒー豆 ハウスブレンド907g 緑 レギュラーコーヒー

 

コスパといえばKirklandのロースとハウスブレンド。

907gで2200円ほど

これがなんとあのスターバックスとほぼ同じ豆を使っており、名称の如くローストはスタバ。

そしてコストコにも売っている。

まさにUSAコーヒーだ。

 

けっこう深入りなので苦味があるネットリした味わい。ここもスタバらしい。

僕はあんまり深入りが好きではないが、エスプレッソ好きにはおすすめだ。

アイスコーヒー向きでもあるので、こちらも夏にグビグビ飲みたい時に利用していた。

 

 

ちょっと高いけども最高級の豆が買えるショップ

ネットのコーヒーショップの良いところは、今まで東京などの大都市でしか見ることすらできなかった最高級コーヒー豆に簡単にアクセスできるところだ。

値段は張るが、一度でも最高の味を試してみてはどうだろうか?

といっても、ワインやステーキなんかに比べれば格安なのもコーヒーの良いところ。

 

珈琲きゃろっと 

国際コーヒー鑑定士が自ら選んだ豆だけを売る有名店。

最高品質のコーヒー豆が、初回限定だと200g✕2種で1980円とかなりコスパが良い。

最高品質の豆は、袋を開けたときから香りがぜんぜん違った。

味覚音痴な僕でもコーヒーは香りが重要だと思い知らされた。

初回限定セットだけしか購入していないが、単品だと200gで1600円前後。

 

 

ロクメイコーヒー

こちらもネットコーヒーショップ有名店。

スペシャリティコーヒー専門店というだけあって、お試し飲み比べセットでも100g✕4種で2160円!

「スペシャリティコーヒー=酸味を味わう」というイメージが根付いてしまっている。東京の某有名店で飲んだコーヒーは「ただ酸っぱい」感じが強くてこういうものなのかなと思ったが、ロクメイコーヒーのコーヒーは本当のフルーツのような酸味が感じられた。

値段は高いが、定期購入を利用すれば増量してもらえるなどお得な買い方もある。

 

スペシャリティコーヒーは豆が命なので、一度「ホンモノ」を味わってみるのも良いと思う。

ちなみに僕は、記念日やボーナス月に、高級豆をネットで買って、それはそれは大事に飲んでいる。誰にもやらずに(笑)

 

 

まとめ

tabing.hatenablog.com

コーヒーはとても奥深い。

初めはインスタントコーヒーだったのが、気づいたら山の上で如何に美味しく飲むかまで考える羽目に↑

まあコーヒーは、他の趣味や嗜好品と比べて最高級コーヒー豆でも買えないことはない値段なので、コスパ良く楽しいひと時を送れると思う。

他にも「これも良いぞ!」っていうコーヒー豆がありましたら、教えて下さいませ!

 

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)

 

ちなみにこちらオススメです。

何かと趣向やニュアンスの嗜みであるコーヒーに、冷徹な愛を込めた科学のメスが・・・

コーヒーの奥深さがわかる素晴らしい良書です!

晩秋九重山写真②~秋と冬の境目を撮る~

tabing.hatenablog.com

 

前回に引き続き、晩秋の九州は九重山。

終わりかけというか終わる寸前の紅葉を撮りまして、これなら我がレンズの歪みもこれまた一興かなと。

 

f:id:tetsujin96:20171115224141j:plain

法華院温泉山荘テン場、-3℃の澄み切った朝、凍傷になったか感覚のない足、曇るレンズ、とにかく0℃下回ったら登山はやめよう。今の装備では。

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224150j:plain

オレの24mmが火を噴くぜ!と言わんばかりのプラス飛びです。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224144j:plain



 

f:id:tetsujin96:20171115224145j:plain

この晩秋感!

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224143j:plain

こちらは初冬。

どうりで登山客が少ないわけだ。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224147j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224148j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224149j:plain

ちょうど秋と冬の境目。

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224142j:plain

久しぶりの登山が-3℃という過酷な環境で、しかし冬山も良いなと思いました。

そしてフルサイズ機の重量というのは、2日後に全身筋肉痛となって具象化します。

やっぱり根っからの山男でもない限りはカメラはソニーのα7シリーズとか、割り切ってオリンパスやパナソニックのマイクロフォーサーズにすべきかとも思うが、もうそんなカネはない。

体力もカネもない人間に最適な登山カメラは何なのだろう?

 

 

tabing.hatenablog.com

今回の山行の装備、たぶん15kg近い。ウルトラライトとは一線を画す一人極地法!!!!

晩秋九重山写真①

f:id:tetsujin96:20171115224138j:plain

11月中旬の九州最高峰「九重山」に、フルサイズ一眼レフであるD750を担いでいってきた。

主峰である中岳を始め、久住山や星生山などなどを巡る欲張りプラン。

巨大なカメラを背負いながらの苦行の山行ではあったが、とにかく久しぶりの本格登山ということで、最高のひと時を味わい、そして最高の筋肉痛を味わっている。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224126j:plain

牧ノ戸からのスタート。11月中旬とあって、朝7時で-1度という寒さ。

朝駆けは断念してお天道様を待っていた。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224127j:plain

晩秋だが日曜日ということもあって登山客は多い。

久住山頂上は結構な人。しかし殆どが日帰り登山のようで、夕方には人の気配すら無くなる。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224129j:plain

九重山というか九州の山々は、比較的新しい火山が多く、北アルプスや南アルプスを駆け巡り、海外のトレッキングをしてきた僕でも見たことのない風景ばかりだった。

特に植生はなかなか。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224128j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224130j:plain

ドーム型の山と木々のない茶色の風景、そして阿蘇方面の山々。

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224131j:plain

九州本土最高峰である中岳 (1,791m) からの眺め。

若い山の峻嶮さがないモッコリ感が新鮮。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224132j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224133j:plain

九重山系はピークやルートが多いので、日帰りから本格的な縦走もできる。

季節によっても風景が変わるので、とても長い付き合いができそうな山だ。

惜しむらくは水場とテン場が少ないところかな。

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224134j:plain

天狗ヶ城から覗く池と久住山。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224135j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224136j:plain

テント装備にフルサイズカメラを持っているので、当然装備は重い。

岩登りのような危険はないが、ガレ場や急な登り降りが非常にきつい。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224137j:plain

 

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224139j:plain

久住分かれから法華院温泉山荘へ向かう。

この辺の景色はなかなか珍しい。こんな山奥に広大な空間があるのは驚きだ。

 

 

f:id:tetsujin96:20171115224140j:plain

三俣山。高度感と圧迫感がはちきれんばかりの巨魁。

これ登るのはしんどそうなので次の機会へ。

法華院温泉山荘へは次回に続く。

 

 

 

tabing.hatenablog.com