tabing 旅とカメラ

世界一周旅行の記録とカメラやキャンプなどの趣味についての散財記

「Ai Nikkor 50mm F1.2S」+D750で渓谷を撮る

f:id:tetsujin96:20190820213422j:plain

またまたまた「Nikon AI 50 f/1.2S」と「Nikon D750」のコンビで今度は渓谷を撮ってきました。

友人とキャンプ+撮影会という豪華な休日でして、マニュアルフォーカスの使い方も何となく慣れてきたかと思います。

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213427j:plain

性懲りも無くF1.2を多用してます。

屋外だとビューファインダー使わないとやっぱりピント合わせは難しいですな。

でもデジタルだから何枚も撮りながら確認まで出来ちゃうのでお便利。

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213433j:plain

F8にするとカリカリ過ぎて劇画タッチになるのも楽しいところ。

最近Amazonアンリミテッドで「オールドレンズ・ライフ」という雑誌を読んで絶対あとで後悔する知識を貪欲に摂取していますが、オールドレンズの面白さは開放から絞りまででまるで違うレンズのような変化があるということらしい。

たしかに最近のAFレンズは、開放から限界絞りまでとにかくきれいに安定した画が撮れる。

オールドレンズは不安定で個性的だが、そこに価値を見出だせれば、あなたはさらに深い沼にハマることができます。

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213429j:plain

漂う蜘蛛の糸まで撮れちゃうF1.2の被写界深度。

ちなみに設計は古いけれども、現役新品購入できるのが「AI 50 f/1.2S」なのです。

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213438j:plain

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213452j:plain

苔2

真ん中の小さいキノコのようなものを撮りたかったんだけど、50cmまでしか寄れないのでマクロレンズ欲しくなりましたわ。

でも周辺のボケはむずかゆくてたまらんね。

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213446j:plain

森におけるお決まりショット。

玉ボケがええね。

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213459j:plain

周辺光量落ちは日の丸構図と相性が良さげだが、暗いのでブレやすい。

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213502j:plain

キャンプにて。

焚き火とステーキとビール、しかも貸し切りという贅沢。

 

 

f:id:tetsujin96:20190820213505j:plain

・・・が、このあと悲劇に襲われることに。

 

 

tabing.hatenablog.com

悲劇↑

 

 

おすすめリンク

tabing.hatenablog.com

 

tabing.hatenablog.com

 

tabing.hatenablog.com